タイ伝統医学マッサージセラピー【ユーファイ・ソルトポット】☆ブッダブッダブッダ☆Buddha Buddha Buddha
タイ伝統医学施術法を普及する業界団体TTMA公認サロン
【ブッダブッダブッダ】
トップページ 予約 メニュー セラピスト 利用規約 よくある質問 アクセス
 
 
 
タイ伝統医学施術法で体調を整える
リラクゼーションマッサージセラピー
【ユーファイ・ソルトポット
 
 
 
ユーファイ・ソルトポット
 

タイの北東部イサーン地方に伝わる伝統的な施術法には、トークセン、ヤムカーン、ユーファイなどさまざまな治療法があります。ユーファイは、「火と共にいる」という意味で、ハーバルサウナや、食事療法、ハーバルボールなどを併用して、体質の改善を進めるものです。その中でも手軽にできて、尚かつ効能が高い治療法が「ヌントーン」。ヌンとは蒸す、トーンとはお腹の意味で、かつてのランナー王国を代表する治療法です。ヌントーンでは、素焼きのクレイポットで粗塩を200度近くに熱し、そのポットを使い、筋肉を優しく押して、全身をほぐすテクニックで、体の芯まで温め、毒素を排出させ、脂肪をも燃焼させる効果があります。特に出産後の子宮の回復を早めるために女性の健康法として用いられてきました。身体の中に熱をいれていくと、ほわほわほわとからだがゆるみ始めます。冷えは万病の元と言われるように、身体の中心であるお腹を温めることはぜひお勧めしたい健康法のひとつです。ヌントーン施術法では、まず、素焼きのポットを粗塩で満たし、200度近くに熱し、そのポットを断熱性の高い布で覆い、腰から背中、肩・腕、仙骨・尾骨周囲、胸、足全体をゆるめ、特にお腹をしっかりと温めていきます。身体の芯まで温まり、毒素を排出させたり、脂肪を燃焼させたりする効果があります。焼き塩は浄化に良いとされています。焼き塩は、塩と火の力で浄化の力が増すと言われているようです。持ち歩くための、魔よけの塩も焼き塩が、いいらしいですが、3時間位しかもたないので、毎回作る必要があるようです。粗塩を焼くと、一気にアルカリ性に変化します。放っておくと酸性になっていくのですが、その酸性に変化する過程で周りのエネルギーを吸収するらしく、それによって身体の細胞が整えてくれるのです。果物や野菜で実験してみるとおいしくなるので、疑いのまなざしのある方はお試しください。デトックス効果もあって身体の老廃物を分解し放射能まで除去してくれると言われています。ポットに入っていてもその効果はあって、もともとのビニール袋越しでも効果を発揮するようです。塩の融点は800℃、塩化マグネシウムは100℃付近から塩基性塩化マグネシウムMgn(OH)mH2Oに変化し、480℃付近からMgOに変化を始めます。加熱されると塩の性質が変わり、使い勝手や味も変わるとされていますがその詳細は解析されていません。この焼き塩。使い方もいろいろです。ひとつかみお風呂に入れれば、ぽかぽかになりますし、身体にすり込んでボディスクラブにも使えます。

 
60min.=9000円(税込)
90min.=12000円(税込)
120min.=15000円(税込)
 
今すぐ予約する
 
 
BUDDHA BUDDHA BUDDHA
Copyright by Healing Therapy Development Company Limited 2019